2017年10月10日 (火)

NC ロードスター、11年目の車検

前回の"とりあえず"車検から 2年。 いろいろな事があり過ぎて、何もできずに更新時期を迎えてしまいました。

今回、追加でお願いした作業は、以下の 3点。

  • フロントスタビライザリンクの交換
  • ブレークパッドの残量が少ない場合は、純正部品への交換
  • 油脂類の交換

フロントのスタビリンクの交換は、自分の整備不良によって壊してしまったため。 自分でサスペンションを交換した際に、ネジの締め付けがたりず緩んでしまい、更に、そのまま走り続けてしまったことが原因で、ネジ山を潰してしまったからです。

ちなみに、交換した油脂類は以下の通り。

  • ブレーキフルード DOT-4
  • エンジンオイル MOTUL 300V 5W-30
  • エンジンオイルエレメント
  • ミッションオイル 85W-90
  • ディファレンシャルオイル 85W-140

次の車検までには、「何とかしたい」のですが、・・・。 とりあえず、しばらくは、このまま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

デミオ、フロントウィンドウの油膜取り

しばらく洗車もしなかったため、雨が降ると前が見づらい状態に。 油膜取りのスプレーくらいでは、少ししか改善されず、本格的に対策することにしました。

まずは、ガラス表面をきれいな状態にするため、磨き系クリーナーを使用。 思った以上に、ゴシゴシと擦る力が必要でした。

プロスタッフ製、油膜 皮膜 専用クリーナー


これで、残っていた雨用コーティング剤も含めて取り除くことができたようです。

普通なら、ここでウィンドウ用の雨用コーティング剤を使うのですが、今日は、ボディー用のガラス系コーティング剤を使ってみました。

シーシーアイ製、スマートミスト


これを成功させるには、塗り広げるスピードがカギとなるため、ワックス専用スポンジを用意。

ワックス スポンジ

写真の下側が手で持つ方なのですが、非常に持ちやすくできていました。

最終的に、ボディとウィンドのコーティングを同時にできたので、とっても便利なコーティング剤でした。

それにしても、今日は暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DUAL ATTACK 二次予選 参加

9月16日、神戸スポーツサーキットで開催された、DUAL ATTACK 二次予選に参加しました。 結果は、予選レースで敗退。 あまりにも、想定通りでした。

神戸スポーツサーキット


当初、2日間の予定も、台風18号が直撃の進路予想で、1日に短縮。 開催されただけでも不思議なくらいな雨と風でした。

午前中に練習走行ができ、ぶっつけ本番でなくてよかったのですが、約10周の練習と僅か5周のレース。 予選レースは、Bグループの3組目、くじ引きのスターティンググリッドは最後尾の13番目。 前のカートに付いて行くのが精いっぱいで、13位でゴール。 何もできずに終わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

がむしゃらに走る

このところ、ほぼ毎週、レンタルカートに通っています。

とにかく良いタイムを出すことだけ考えて、「カートの特性に自分の走り方をどうやって合わせるか」とか、「ちゃんとブレーキ、踏めてないなぁ」とか、走ることだけに頭を使っているんです。 というか、それしか余裕がないんです。

これが、今の私には必要なんです。

0y6a4518

(写真は、クイック羽生さん撮影。スタッフブログから転載させていただきました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

親父の知らない息子の世界

息子の四十九日法要が済み、ひと段落つきました。

この1ヶ月半ほどの間に、息子の通っていた大学に行ったり、高校時代のお友達が遊びに来てくれたりと、先生や同級生にお会いし、お話する機会がありました。 普通であれば、そこには息子がいるはずなのですが、息子の様子を間接的に聞くという、なんとも不思議な感じでした。

自分もそうでしたが、20歳前後の頃は、親に自分の様子を余り話すこともなく、普段から会話が多くなかった親子だったので、私は、息子の学校生活のことは、ほとんど知りませんでした。 こんなこともなければ、息子のお友達と話をすることもなく、ある意味貴重な体験です。 そして、先生やお友達から聞いた息子の様子や写真に映っている息子は、私の知らない表情でした。

息子が亡くなり、位牌と遺骨という形になり、遺骨という物理的なものは、すでに、お墓の中にあります。 お墓に入った息子に手を合わせるという不思議な感覚に包まれながら、「ちゃんと仏様になれるんだろうか」と心配するのも、まだ親心です。

今までは、私が先に生きた世界を息子に伝えようとしてきた訳ですが、仏様になる道中は私には分かりません。 息子は、私の知らないところに行ってしまったのだと、改めて気づいてしまったのでした。

| | コメント (0)

«息子が記憶の中の人になった日